専門学校で理学療法士を勉強する|支えになる仕事

女の人

働ける範囲が拡大している

男の人

骨接ぎの医療行為は医師と柔道整復師しかできません。そのため、スポーツ施設やトレーニングジムなどの就職に有利となり、働く範囲が拡大しています。また知識と技術があればいいため、女性も多く専門学校に通っています。

もっと知ろう

奨学金の種類

女の人

色々な種類が奨学金にはありますが、医療系の学校に通う人には「病院奨学金」という制度もあります。この制度は病院独自で設けているため利用条件などは異なりますが、多くは卒業後に一定期間その病院に勤務することで返済が免除になります。

もっと知ろう

医療関係学ぶには

男の人と女の人

医療関係の仕事を目指したいけど、医者は難しそうだし学費もかかるので、他に何かないか考えている人には理学療法士がオススメです。理学療法士とはケガや病気で身体に障害のある人に対して、基本的な動作が回復できるよう色々な療法を用いて日常生活を自立できるようサポートするための資格です。理学療法士になるには国家資格が必要で通常は大学や専門学校で知識を学んでから受験します。ただ単に授業を受ければ良いわけではなく、専門学校で必修科目を受講し修了しなければなりません。理学療法士に向いている人は、体力と根気、それと前向きな性格なことです。身体機能回復には長期間のリハビリが必要でサポートするにもある程度体力と根気が必要です。また患者様を励ましてサポートするには明るくて前向きな性格が大事です。

理学療法士の国家試験を受けるには、専門学校などで3年以上学ぶ必要があります。3年は短くて厳しいという人は、4年間で学べる専門学校もあるため、そちらを利用する方法もあります。試験の合格率は80%前後で非常に高いのですが、これは皆さん専門学校でしっかり勉強してから受験されるためで決して問題が優しいわけではありません。やはり専門学校で真面目に勉強することが合格への近道です。資格を取得することで得られるメリットですが、国家資格ということもあり仕事で困ることはないことと、社会的認知度も高いことです。今後も高齢化社会は続きますので身体機能を回復させ自立をサポートする専門知識と資格を持った理学療法士の必要性は今後も続くでしょう。

看護師になるための進路

女性

看護師を目指すためには看護学科のある大学か看護学校へ進学することになりますが、大学はともかく、専門学校である看護学校でも最近は競争率が高くなり、偏差値が高くなっているようです。有名大学並みの偏差値がないと看護師にはなれない時代となったのでしょうか。

もっと知ろう