働ける範囲が拡大している|専門学校で理学療法士を勉強する|支えになる仕事

専門学校で理学療法士を勉強する|支えになる仕事

ウーマン

働ける範囲が拡大している

男の人

医療行為のできる資格です

骨折や脱臼や捻挫などの怪我をしても、すぐに骨接ぎという業を使用することで、症状が悪化することを防ぎ完治も早くなります。ただしその骨接ぎは医療行為であるため、特定の国家資格が必要です。多くの人々は一番に医師を思い浮かべるかもしれませんが、実は医師ともう一つ柔道整復師も骨接ぎの医療行為ができます。そのため、怪我をしやすいトレーニングジムやスポーツ施設などでは柔道整復師を雇い入れたいと考えているところが少なくありません。昔は接骨院の仕事というイメージが強かったものが、働ける範囲が拡大しているわけです。現在、そのニーズが高まっており、それも反映して最近では柔道整復師になるための学校も人気が出ています。

必要なのは知識と技術

「柔道整復師には力が必要そうだから非力な自分はなれない」と勝手にイメージして専門学校の入学を諦めてしまう人がいます。柔道という名前がついているため、そう思ってしまうのも仕方がありません。しかし、実は骨接ぎという医療行為は柔道どころか大きな力も必要ないのです。現に免許資格のために専門学校に通う人のなかには華奢に見える女性の姿も少なくありません。柔道整復師に必要なのは、人体に関する知識と共に医療行為をするための技術であり、力はほとんど必要ありません。そのため、非力だから無理だと最初から諦める必要はありません。もしも興味があるのならば専門学校の資料を請求してみて、その講義内容などを知ってみるのも悪くないでしょう。